食事を見直せば勃起障害は改善する

勃起障害は、男性にとって大きな悩みの一つです。勃起障害の原因は様々ですが、大きく分けると、身体的なものと精神的なものの2種類に分けられます。身体的なものには、病気や生活習慣などによるホルモンバランスの乱れ、加齢による体調の変化などが挙げられます。調査によると、若年層よりも、40歳を超えた中高年層に多く、普段から体を鍛えている標準的な体格の人よりも、運動不足の肥満型の人に多く見られることが分かっています。肥満が勃起障害をまねきやすい原因として、糖尿病、動脈硬化、悪玉コレステロールの増加などが関わっていると言われています。勃起は、部位に血液が流れ、充満することでおこりますが、デリケートな部分の血管は、他の血管に比べ細くできています。脂肪過多や動脈硬化により、ドロドロ血液が進行すると、先端まで血液が充満しなくなりますので、勃起障害が起こる可能性があります。この状態に気づかず、精力剤に頼り続けると、身体が疲れやすくなる上、健康面にも支障をきたしてしまう恐れがあります。勃起障害が見られたら、一度自分の生活習慣を見直してみましょう。「食事」を変えることは、生活習慣を好転させる最も良い方法でもあります。男性は女性に比べ、野菜や果物を食事に積極的に取り入れることが少ないといわれています。しかし、男性こそ、ビタミンCやミネラルが豊富な野菜や果物を摂取しなければならないのです。肉の食事を魚中心に変え、1日1個のフルーツを食べるだけでも、体調が変わっていきます。豊富なビタミンやミネラルは、血液の流れを良くし、男性ホルモンの活性化を促すなど、健康な精子を作るのに、必要不可欠な要素です。また、早食いは、肥満の原因にもなりますので、控えましょう。勃起障害は、男性だけでなく、女性にも大きな影響を与えます。本気で改善したいならば、生活を根本から見直しましょう。



トップページへ