勃起障害の克服法

勃起障害の中でも厄介なのが、糖尿病性の勃起障害です。
糖尿病は血中の糖分が多くなるのが問題で、血液の中の糖は血管内を傷つける原因になります。血管が傷つくと血行障害が起こり、勃起に必要な血液がペニスに供給されなくなります。
さらに悪いことに、糖尿病は神経系統にも悪影響を及ぼします。通常、脳が性的な興奮を感じると、それが神経を通して勃起させるように促します。しかし、その神経系統がやられてしまうことで、勃起が起こりにくくなります。
糖尿病は、血行障害と神経障害からのダブルパンチを食らってしまうのです。
糖尿病は若い人でもなります。勃起障害は年配の人の病気だと思われていましたが、最近では生活習慣病が増えてきたことで若い人にも勃起障害の患者が増えています。
糖尿病による勃起障害を克服する方法として有効なのが、治療薬です。最も有名なバイアグラ以外にも、レビトラやシアリスといった薬があります。バイアグラは日本製のジェネリック薬も処方が可能になっています。
こういった薬を使えば、血行障害を克服することが出来るので、克服しやすくなります。重度の神経障害を患っている場合には成功率は下がってしまいますが、軽い糖尿病であれば治療薬が有効であることが確認されています。
ただし、糖尿病で腎臓に障害が出ている場合には、治療薬が使えないことがあります。腎臓が正常に働いていないと、薬の有効成分がいつまでも体外に排出されないので、副作用が強く出てしまう危険性があるからです。糖尿病治療を受けていて、ほかの医療機関で勃起障害の治療を受けるならば、必ず糖尿病の持病があることは伝えておきましょう。糖尿病だけでなく、持病がある、常備薬がある、という人は必ず医師に伝えることが重要です。

■ED治療薬ならこのサイトが豊富
レビトラ通販のメリットと価格比較
メガリス
シラグラ



トップページへ